東京都港区で不動産活用のご相談なら株式会社Buddy-シールドハウス事業

03-5447-8218 受付:10:00~18:30 定休:水・日

SHIELD HOUSEシールドハウス事業

シールドハウスとはABOUT SHIELD HOUSE

国際物流に革命を起こし、20世紀最大の発明の一つと言われる四角い鉄の箱「コンテナ」の基本コンセプトに着想し、その考え方を応用した鉄骨ユニット構造の建築物になります。

市井に出回るコンテナハウスとは似て非なる建物のため、敢えて呼称を変えています。
シールドとは『盾』の意味であり中世ヨーロッパの騎士が自身の体を守る為に用いたように、あらゆる天災にから家族や家財を守り抜くという思いを込めてお客様にイメージして頂けるような呼称に致しました。

その特徴はもちろん強度。最大20tの重量にも潰されないほどで、大型台風や大雪程度ではビクともしません。近年、土砂災害により家屋が潰されてしまったというニュースも多いですがシールドハウスならご家族の安全を守れます。

海上コンテナを用いたコンテナハウスが世界中の建築家やクリエイターの間で話題になっていますが、日本では海上コンテナによる建物は建築基準法をクリアできません。
そこで重量鉄骨フレームをコンテナと同サイズで創り出し、建築に応用するのがシールドハウスです。言うのは簡単ですが、実現するのは実はすごく難しいこのシールドハウス(商品名:IRON HOUSE TETSUYA)は2015年夏より満を持して全国展開しています。

IRON HOUSE TETSUYAとは

建築確認完全対応の建築用重量鉄骨ユニットを活用して、主に住宅や店舗兼住宅を展開するハウスメーカーのブランドです。建築確認取得が不可能なISO海上輸送コンテナではなく、独自開発の建築用ユニットフレーム(工業製品)を活用するところがポイントです。開発から完成まで、ノウハウを含め21年の歳月がかかっています。

<IRON HOUSE TETSUYA 建築用重量鉄骨ユニットの特徴>

  • リサイクル可能で、資源循環型社会に貢献
  • 世界統一規格サイズ
  • 日本全国で建築確認完全対応
  • 短い施工期間を実現
  • 自由かつクリエイティブにカスタマイズ可能
IRON HOUSE TETSUYA IRON HOUSE TETSUYA

こだわりはAll made in Japan品質!“フレーム製造からすべて日本!!”

当社がお届けさせて頂くIRON HOUSE TETSUYAは日本の建築基準法に準拠。国が認定した工場で資格を持った熟練の技術者が最高グレードJIS規格の鋼材を使用し、日本国内で製造している建築用重量鉄骨ユニットフレームで作る建物となります。
海外製造の輸入したものは使わないAll made in Japanの徹底したこだわりがあります。

世界一厳しいと言っても過言ではない“日本の建築基準法に完全対応”

日本全国各所完全対応。(建築確認の取れない建築物の取り扱いは一切致しません)
※建築確認が取れるということは、登記の手続きが確実にできて、担保価値が出ますので、銀行からの融資も可能になります。

“快適空間実現”のためオリジナルの断熱材・塗料を開発

断熱材・塗料も特殊なものを使用しており、断熱、防音効果は勿論のこと、部屋内スペースの確保にも一役買っています。
外観からは想像がつかない快適空間を実現しています。

設計から施工まで“建築のエキスパートが対応”

設計から施工までユニット建築の経験が豊富なエキスパートが揃っておりますので、ご安心いただけます。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

最大“7階建てまでの建築が可能”

IRON HOUSE TETSUYAでは7階建てまでのユニット建築が可能です。
マンションやアパート、ショッピングモール、ホテル、自社ビルなどの大規模なコンテナ建築もお任せくださいませ。

平屋から“構造計算書を作成”

当社が取り扱うIRON HOUSE TETSUYAは創業から21年の建築用重量鉄骨ユニットのハウスメーカーによって、日本の建築基準法に基づいて国内で製造した建築用ユニットフレームを使用します。

使用する鋼材は、最高グレードであるJIS規格の鋼材を使用しMADE IN JAPANにこだわり製造しています。(建築確認申請にはミルシートと呼ばれる鋼材の証明書が必須となります。外国製のコンテナの場合、ミルシートが発行されない場合が多く違法建築に該当しないか十分注意が必要です)

※インターネット上では輸送用コンテナを改造して、コンテナハウスを建てた事例も散見されますが、これらは日本の建築基準法では違法建築に該当します。当然ながら火災保険への加入や保険の適用もできませんので大変危険な建物と言えます。

外観はコンテナでも人の命を預かる住居であれば遵法性、安全、快適は最低条件です。TETSUAのIRON HOUSEはその点において他社のコンテナハウスと大きく違います。

施工実績はこちら

施工の流れはこちら